フォトフェイシャルの体験談

フォトフェイシャルの体験談としてよく見られるのが

「シミがポロっと取れて驚いた」

「施術直後から肌のハリが戻った」

「信じられないくらいに肌質が改善された」

「コンプレックスを克服できた」という声です。

これらの声からフェトフェイシャルの素晴らしさを垣間見ることがことができますが、

その一方で、

「痛すぎる」

「日光アレルギーになってしまった」

「あまり効果が無いような気がする」という声も聞かれます。

フェトフェイシャルの体験談で何故このようにバラバラな意見が聞かれるのかと言うと、フォトフェイシャルは全ての人のまったく同じ効果を与えるというわけではないからのようです。

つまり、肌の相性や肌質といった、個人の肌の特徴が大きく関わってくるわけです。

たとえば夏場などの強い日差しを浴びて肌が簡単に荒れてしまったり、また日光に対して極度に敏感な肌をお持ちの方などには、フォトフェイシャルはあまり向いていないといわれているようです。

フォトフェイシャルの口コミ

フォトフェイシャル人気が上昇するに伴い、ネット上でも様々な口コミ情報を散見する機会が増えてきました。

中には良い評判もあり悪い評判もあります。

もっともよく見られるのは「案外痛かった」という言葉でしょうか。

フォトフェイシャルはいくら痛みが少ないとは言え「まったく無い」というわけではありません。

特に濃いシミなどに対しては、高い効果があるといわれている分多少の痛みも伴います。

とは言え、激痛というわけではありません。

我慢できる程度の痛みではありますが、「フォトフェイシャルは痛みがまったく伴わない」と誤解している人が多いのが現状のようです。

また、医師に対する不信感、不安感などをあらわにする声も聞かれます。

フォトフェイシャルは素晴らしい医療技術ですが、やはり医師と患者も“人対人”です。

性格的な相性などもあるでしょうし、本当に自分に合った医師との出会いが大切になってきます。

フォトフェイシャルの効果

フォトフェイシャルの効果として最初に挙げられるのが「シミ・ソバカス」への効果です。

シミやソバカスは、年齢とともに衰える新陳代謝が主な原因となります。

新陳代謝が衰えてしまうことによって、色素が定着してしまった結果がシミやソバカスなのです。

フォトフェイシャルは、皮膚の代謝を活性化させて、シミやソバカスを除去するといわれているようです。

フォトフェイシャルはまた、小ジワなどにも効果的だといわれており、特に目尻の小ジワなどは誰もが気になるところでしょう。

フォトフェイシャルは、肌の中のコラーゲンを再生する効果があるといわれているため、これにより肌のハリを取り戻すようです。

ですから、小ジワの除去、予防にも最適だといわれているのです。

このほか、毛穴の開きや血行不良、赤ら顔などにも効果があるといわれおり、さらに、肌のトラブルを未然に防ぎ、健康な肌を維持するためにも一役買ってくれます。

フォトフェイシャルとエステについて

フォトフェイシャルの人気があがり、今ではエステなどでも同様のサービスを提供する店が増えてきました。

しかし、実は“フォトフェイシャル”というのは、ルミナス社が医療機関での施術ということだけに目的を限定した医療機器の名前であり、登録商標もされているものです。

ですから、エステなどで用いられる同様の機器は正式には“フォトフェイシャル”と呼ぶことはできませんし、そう呼ぶことは禁じられています。

また、フォトフェイシャルを正式に利用する際には、フェトフェイシャル協会の認可を得る必要があり、施術についてもフォトフェイシャル協会の認可を受けていないもの、素人などによる施術は禁止されています。

エステサロンで使用されているフォトフェイシャルは、ほとんどが医療用に比べると光の出力が低く抑えられているようですが、施術を受ける際にはその店がフォトフェイシャル協会に加盟している店かどうかをチェックしておきたいものですね。

フォトフェイシャルとは

フォトフェイシャルとは、光を利用することによって美肌作りを試みる最先端のスキンケアとして近年急速に注目を集めている医療科学です。

従来の液状のクリームなどを用いる方法とは根本的に異なり、フォトフェイシャルでは肌に光を照射することによって、沈着したメラニンにダメージを与えます。

これにより肌のコラーゲンを再生し、繊維芽細胞が活性化されます。

施術時間が短いという利点に加え、肌への副作用や負担などが一切ないというメリットがあります。

加えて、施術においては痛みなども生じません。

レーザー治療で用いられるレーザー光線とは質そのものが異なり、肌にダメージを与えない優しい施術が実現されるという点も、大きな注目を集める一つの要因となっています。